HOME >  新棟について

新棟について

脳神経外科一般病棟は平成27年12月に竣工した新南病棟内にあります。新南病棟は、全国でも類を見ないほど広い床面積をもつ脳卒中集中治療病棟となっており、脳卒中急性期からロボットスーツを用いたリハビリテーションが行われています。
これまで京大病院で行ってきた脳血管造影や手術が同時に可能なハイブリッド手術室、3テスラ術中MRI装置、ポータブルCTなどと合わせて、国際的にも最高レベルの整備がなされています。脳血管内カテーテル治療と開頭手術を組み合わせた高難度脳血管病変に対する手術、神経内視鏡による低侵襲手術、様々なITを用いた術前検査、高度な術中モニタリングを用いて、意識覚醒下に神経症状を確認しながら脳腫瘍の摘出を行う手術など、最先端医療を提供していきます。

新病棟の様子

new_bulding01  new_bulding02
 new_bulding03  new_bulding04
 new_bulding05  new_bulding06
 new_bulding07  new_bulding09

新病棟のご案内

Web