[top]文章_患者さんへ

脳神経外科が担当する領域は、脳血管障害・脳腫瘍・脊椎脊髄・先天奇形などの小児脳神経外科・てんかんなどの機能的脳神経外科・頭部外傷・炎症性疾患など非常に幅広く多岐にわたります。脳神経外科は基本診療科であり、その診療内容は決して手術だけではなく、診断・治療・手術前後の管理など脳脊髄疾患の診療すべてにわたります。この点が基本診療科ではない他の外科系領域たとえば心臓血管外科や消化管外科が手術治療に専従し、診断や術後安定期の管理を循環器内科や消化管内科にゆだねているのとの大きな違いです。

つまり、脳神経外科では診断から治療さらには経過観察にいたるまで患者さんとのおつきあいがながいのが特徴です。