医療関係者へ

医療関係者へ

次世代ハイブリッド手術室の稼働を開始しました

京都大学医学部附属病院では、高度な外科医療を支援できる術中画像診断システムとして統合型高性能画像診断サーキット(integrated Smart Imaging Circuit:iSIC)を手術室に設置する事業を進めています。今回、その一環として次世代型ハイブリッド手術室の稼働を開始しました。

 次世代型ハイブリッド手術室とは、従来の血管造影撮影装置を併設したハイブリット手術室と異なり、ナビゲーションシステム・血管撮影装置・手術台・高機能PACSビューアー・画像サーバーをネットワークで連動した手術システムで、国内では初めての設置となります。本システムは、血管をはじめとして様々な臓器の高画質な透視に加えて3次元撮影と3次元画像解析がリアルタイムに行え、その情報を直ちに手術支援として用いることができます。

 治療困難な巨大脳動脈瘤、脳動静脈奇形などの複雑な血管病変、腫瘍病変、脊椎病変に対して、安全性の高い高度な治療が可能となることです。また、こうした治療に伴う患者にかかる負担も大幅に減らすことができます。